子連れの再婚のメリット、デメリット。事前に確認しておきたい事

子連れの再婚のメリット、デメリット

子連れの再婚のメリット、デメリット記事一覧

子連れ再婚を成功させるには

子連れ再婚を上手く行かせるためには、無理をしない事が大事になります。早く夫と子供と仲良くなって欲しい、家族になりたいと焦って、まとめようとしてしまうと返って、ダメになってしまう事が多いです。子連れ再婚した時に、まず考えるのは子供との相性ですけど、無理に馴染ませようとすると拒否してしまう場合が多々あります。思春期に近い時期に特に無理をさせると将来的にも影響がありますので、この時期の子供をお持ちでした...

子持ちバツイチの方の再婚に重要

バツイチで子持ちの方が再婚する場合に、子供の年齢は重要なポイントになります。再婚する時に子供と新しい夫との相性は、とても大事ですが、子供の年齢が一定の期間でないと難しくなります。特に、思春期を迎える子供や受験を控えている多感な時期だと、環境の変化に戸惑う事が多く、慎重にならないといけません。子供が、どの年齢の時にバツイチで子持ちの方がスムーズに再婚しやすいかと言いますと、幼い時か高校生以上の年齢の...

子連れ再婚の問題やデメリット

子連れ再婚する時の問題やデメリットは、色々と考えられます。まず自分自身に対してではなく、子供への影響が大きくあります。例えば、子供への虐待、子供が環境の変化によって荒れてしまう、養子縁組の有無といった子連れ再婚の問題があります。それと、別れた夫と子供と連絡させるのか、定期的に会わせるのかといったような、親との縁もありますので、十分にここら辺の問題をクリアにしてから、子連れ再婚した方がスムーズに行き...

再婚後の妊娠で子供との関係は

子連れ再婚して、妊娠をして子供ができるケースは多いです。この時に問題になったり、不安に思ったりするのは、連れ子も実子と同じように可愛がってくれるのかになるでしょう。再婚前や妊娠前は、可愛がってくれたのに、実子が生まれてから豹変したという例も少なくありません。自分の血が繋がっている子供を可愛がるのは当然とも言えますが、結婚生活や家庭が幸せであるためには、分け隔てなく生活していく必要があります。逆にセ...

再婚して養子縁組するための方法

再婚して自分の子供を養子縁組をする場合は、とても簡単で、役所に届を提出するだけになります。基本的に、本籍地の役所に養子縁組の届を提出する時は、戸籍謄本は必要ありませんので、簡単に終わります。再婚する時に養子縁組が行なわれる事が多く、子供は新しい夫の戸籍に入る事になります。ですが、養子縁組は再婚する時だけではなく、後日改めて行なう事も可能なので、じっくりと考えて、家族で話し合ってから決めるのも良いで...

バツイチ子持ちの子供の戸籍について

バツイチ子持ちが再婚する際に、子供の戸籍、及び名字をどうするかで悩む人も少なくありません。簡単に言えば、婚姻届を出して入籍を済ませ、当事者男女の二人の名字が一緒になったとしても、その時点では連れ子の名字は変わったことにはなっていないのです。バツイチの連れ子の戸籍に関しては選択肢がたくさんあります。まず、再婚相手と子供が普通養子縁組をするか、しないか、という選択。その次に、夫婦で名字を同姓にする場合...

子連れ再婚をする時の戸籍の手続き

状況によっては、子連れ再婚する時にしなければならない戸籍の手続きがあります。まず考えられる状況は、子供を養子にする時になります。養子をしたい時は、子連れ再婚する時等に戸籍届けとして、普通養子縁組届を提出します。こうする事により、子供にとって戸籍上、再婚相手が正式な養親として、戸籍に記載されます。養子はせずに、戸籍だけを入れる手続きをすると法律上の親子関係はありませんが、相手の苗字になります。もちろ...

揉め事の多い相続の回避とは

血の繋がった親戚兄弟ですら、遺産相続では揉めることが多いのに、前妻、前夫との子供という、いわば他人との財産分与。バツイチ子持ちの相続は、トラブルの宝庫と言っても過言ではありません。あらかじめ知識を得ておくことが肝心です。まず、新しい再婚相手とバツイチ子持ちの連れ子が普通養子縁組をした場合、扶養義務と共に相続権が発生します。その場合、新しい再婚相手のご両親が、なんの血縁もない連れ子に財産を残したくな...

バツイチ子持ち女性を選ぶ男性とは

バツイチ子持ち再婚と、初婚の人が結婚するケースというのも多々あることですね。こういった場合、初婚側からすると結婚前から悩みは尽きません。再婚は、相手が不安に思っていることをなるべくクリアにし、理解してもらった上で結婚に至ることが何よりも大切でしょう。まずは離婚理由。バツイチの方が有責で離婚に至ったのか、それとも相手方が原因で離婚に至ったのか、というのは初婚側の方からするととても大事。離婚理由をきち...


トップへ戻る