子連れ再婚の妊娠後の幸せは家族の絆が大事

再婚後の妊娠で子供との関係は

子連れ再婚の妊娠後の幸せは家族の絆が大事

再婚後の妊娠

 

子連れ再婚して、妊娠をして子供ができるケースは多いです。この時に問題になったり、不安に思ったりするのは、連れ子も実子と同じように可愛がってくれるのかになるでしょう。

 

再婚前や妊娠前は、可愛がってくれたのに、実子が生まれてから豹変したという例も少なくありません。自分の血が繋がっている子供を可愛がるのは当然とも言えますが、結婚生活や家庭が幸せであるためには、分け隔てなく生活していく必要があります。

 

逆にセメントベビーと言われ、家族の絆を強くさせてくれる子供でもありますので、考え方次第では、より夫婦や家族間の絆が強くなります。妊娠して新しく生まれた子供で意外と失敗しやすいのは、無理をする事で、同じように愛する事が難しくても、それを自分の中で認める事です。

 

これは、夫側から見れば、妻との夫婦の絆が強いほど、受け入れられやすいので、単純に子供好きというだけではなく、夫婦の仲の良さも大事なのです。再婚後に妊娠して出産した子供も既にいる子供も同じ家族として、生活していく事ができるでしょう。

再婚後の妊娠で子供との関係は

再婚して妊娠

 

再婚して妊娠するという事は、新しい子供が生まれるという事になりますが、既に子供がいる場合は、その子供の気持ちも考えてあげないといけません。連れ子同士だと、上手く行かないケースがたくさんありますが、再婚してからの妊娠は、同じ母親を持つ兄弟になります。

 

ですから、母親から見てもどちらも実子になる訳で、通常通りの対応でも大丈夫でしょう。しかし、夫から見れば違いますので、そこの部分を上手くフォローしてあげる必要があります。

 

逆に夫の連れ子がいる状態でしたら、年齢や性別によりますが、友達同士のような関係が良いとも言われています。どちらにせよ再婚して妊娠して生まれた子供と差別がないように育てる必要があり、子供が窮屈な思いをしないようにしてあげないといけません。

 

妊娠する以前の再婚時点で、そういった覚悟をしていないと結婚生活は上手くいかないでしょう。新しく子供が生まれる事は、喜ばしい事なので、それが家族の障害にならないように、家族全員で話し合って問題点を解決していきましょう。


トップへ戻る