初婚の相手に伝えるべきこと

子持ちで再婚する時、初婚の相手に伝えるべきこと

 

バツイチ子持ち再婚と、初婚の人が結婚するケースというのも多々あることですね。こういった場合、初婚側からすると結婚前から悩みは尽きません。
再婚は、相手が不安に思っていることをなるべくクリアにし、理解してもらった上で結婚に至ることが何よりも大切でしょう。まずは離婚理由。バツイチの方が有責で離婚に至ったのか、それとも相手方が原因で離婚に至ったのか、というのは初婚側の方からするととても大事。

 

離婚理由をきちんと伝えましょう。仮にバツイチ側の有責で離婚に至ったのだとしたら、それは大きな不安材料になってしまいがちですが、逆に相手の有責で離婚に至ってしまった場合、初婚側からすると心象は悪くなく、むしろ一度失敗しているから、次は覚悟も意気込みも違うだろうと再婚を好意的に見られることも多いです。

 

子持ちの場合、離婚理由に加えて子供との付き合い方もとても肝心です。養育費を支払っている場合、初婚側も相手の子供の養育費を協力して負担するとこになりますので、いくら支払っていて、いつ終わるのか、子持ち側は相手にはきちんと明示して納得してもらうことが必要です。

バツイチ子持ち女性を選ぶ男性とは

再婚のバツイチ子持ち女性に対して男性側が初婚である、というパターンも巷では少なくありません。
男性側からすると、周りからは反対されるし、子持ち女性の場合、連れ子が多く、解決していかないとならない問題が山積。

 

もちろん、婚活市場で最初からバツイチ子持ちの再婚希望女性を選ぶ初婚男性はほぼ皆無です。
ではなぜ初婚の男性がバツイチ子持ち女性を選ぶケースがあるのでしょう。

 

それはひとえに、事情を知らぬ間に女性に対して惚れ込んでしまうことが多いから。
バツイチ女性は、結婚指輪もしていませんし、今は出産を経験した女性でもスタイルがよい人は大勢います。
おまけに子供のいる女性は母性に溢れ、面倒見のよい人が多いと来たら、その気になる男性はたくさんいるでしょう。

 

こうしてあれよあれよと惚れてしまい、いざ告白してみたら、身の上を知り驚きつつ再婚してほしい、と求婚する初婚男性が少なくないみたいです。

 

なかなか容易なことではありませんが、全てを受け止めて、バツイ女性とその子供を心から愛してくれる男性だとすると、本当に一生を共にするのにふさわしい、パートナーになってくれそうですよね!


トップへ戻る