再婚する時に気になる養育費の問題は記事一覧

養育費と再婚

養育費は離婚した夫婦の間に未成年の子供がいる場合に、子供の親権を持たない片方の親が支払う生活費のことです。この例では、別れた相手や自分自身が再婚をした際の養育費の取り扱いについて疑問が生じます。疑問についての回答ですが、養育費は子供に対して支払われるお金ですので、再婚しても免除されることはありません。子供が成人するまで、最初に決めた金額をずっと支払い続ける義務があります。再婚したからという理由だけ...

再婚したら養育費は

離婚した相手との間に子供がいた場合、自分が再婚した時または離婚した相手側が再婚した時共に養育費を変更することはできます。養育費を変更するとなると減額がほとんどになりますが、減額の申し入れは簡単に解決しない問題でもあります。養育費の減額はまず受け取る相手側に了承してもらわなければなりません。話し合いで納得できればそれで終わりですが、双方が納得できない場合には調停になります。家庭裁判所への調停の申し立...

離婚・再婚時の養育費は収入によって左右される

離婚の時に決めた養育費が減額となるケースは、さまざまあります。まず養育費の減額の請求が通り易いのは、余裕のある方と再婚した時になります。それに、養育費は離婚前に決めますが、その後の状況で別れた夫の収入が減った場合、また受け取る側の収入が増えた場合も減額の請求は通り易いです。養育費は、収入によって左右される面が強い事を覚えておいた方が良いでしょう。ですから、余裕のある人と再婚した事を黙って、金銭を受...

再婚後の養育費で起きやすいトラブル

再婚後の養育費でトラブルになる事が多々あります。再婚したら扶養する義務がなくなると思っている方がいたり、もう十分だろうと思ったりしている方がいまして、再婚後の養育費を勝手に減らしたり、支払わなかったりする場合もあるのです。再婚して、少し生活に余裕が出たとしても、子供一人育てるためには、かなりのお金が掛かります。そのために離婚協議の時に強制力がある公正証書の作成が必要で、金額だけではなく、具体的な高...

再婚時の養育費は減額する可能性がある

離婚する時に協議し、養育費の支払いを決めていると思いますが、再婚した場合はどうなるのでしょうか特に再婚をして、子供を新しい夫との養子縁組をした場合ですが、基本的に養親が、扶養する立場になります。ですが、実父の扶養義務が消滅する訳ではなく、協議の際に決めた養育費を支払う必要があります。事前に決めた取り決めは、放棄する事はできませんので、離婚する時の話し合いもしっかりとしておかないといけない事になりま...


トップへ戻る