再婚した場合、養育費は免除されるのでしょうか?

再婚した場合、養育費は免除されるのでしょうか?

再婚した場合、養育費は免除されるのでしょうか?

再婚した場合、養育費は免除されるのでしょうか?

 

養育費は離婚した夫婦の間に未成年の子供がいる場合に、子供の親権を持たない片方の親が支払う生活費のことです。この例では、別れた相手や自分自身が再婚をした際の養育費の取り扱いについて疑問が生じます。

 

疑問についての回答ですが、養育費は子供に対して支払われるお金ですので、再婚しても免除されることはありません。子供が成人するまで、最初に決めた金額をずっと支払い続ける義務があります。

 

再婚したからという理由だけで養育費の支払いをストップすると、相手が裁判所に申立をした後に、強制執行が発令され、財産を差し押さえられてしまいます。いきなり強制執行が実施されることはないものの、その前に内容証明郵便などで督促が届きますので、結局は支払わざるを得ない状況になります。

 

免除になる可能性は低いものの、再婚して事情が変わった場合に養育費が減額になる例が存在します。再婚して家族を養う必要が生まれたことが原因で養育費をこのまま支払っていると家計を圧迫したり、子供の親権を持つ離婚相手が再婚し、子供が配偶者と養子縁組した場合などです。

 

特に養子縁組が行われた場合には離婚相手の配偶者の扶養対象になるため、減額だけでなく、免除が許される可能性があります。


トップへ戻る