子持ちでバツイチの再婚は子供と相手の相性が大事

子持ちバツイチの方の再婚に重要な子供の年齢

子持ちバツイチの方の再婚に重要な子供の年齢

バツイチ子持ちの再婚

 

バツイチで子持ちの方が再婚する場合に、子供の年齢は重要なポイントになります。再婚する時に子供と新しい夫との相性は、とても大事ですが、子供の年齢が一定の期間でないと難しくなります。

 

特に、思春期を迎える子供や受験を控えている多感な時期だと、環境の変化に戸惑う事が多く、慎重にならないといけません。子供が、どの年齢の時にバツイチで子持ちの方がスムーズに再婚しやすいかと言いますと、幼い時か高校生以上の年齢の場合が上手く行きやすいです。

 

幼い時だと子供も寂しがり、親を求める傾向にあり、夫側も幼い時からだと馴染みやすく、自分の子供と認識しやすいので、可愛がれます。一方の高校生以上の年齢の場合は、まだ思春期になりますが、大人になって来ていますから、頭で理解する事ができます。

 

ただし、子供と夫が異性の場合は、上手く行きにくいケースも多いので、十分なケアも必要になりますし、受験等で気を遣います。バツイチの子持ちの方が上記の時以外の場合は、少し難しいですが、ゆっくり時間を掛ければ、打ち解ける事も不可能ではありません。

子持ちでバツイチの再婚は子供と相手の相性が大事

バツイチで子持ちの再婚する時に考えなければならないのが、子供と再婚相手の相性です。自分と再婚相手の相性が良くても、子供との相性が悪ければ、子持ち再婚を成功させるのは難しいと言えます。また、バツイチですから、過去の失敗に反省し、どう活かせば良いのかも考えておくべきでしょう。

 

バツイチであっても子持ちでしたら、相手の条件で重要なのは、子供を受け入れてくれる人でなければなりません。いくら、その時がよくても、いずれ相手との子供が生まれた時に、差別や比べてしまう人が多いのです。絶対に比べてはならないという事ではなく、仕方のない面もありますが、自分の子供として受け入れてくれる人でないと、子持ち再婚は難しくなります。

 

バツイチだと結婚に慎重になりますが、子持ちだとさらに子供との相性が重要ですから、少しずつ溝を埋めるように信頼関係を構築しいく事が大事です。自分と相手の事だけではなく、子供の事も思いやって行動してあげて下さい。


トップへ戻る