子連れ再婚問題はタイミングが重要

子連れ再婚の問題やデメリットは多い

子連れ再婚の問題やデメリットは多い

再婚と子供の問題

 

子連れ再婚する時の問題やデメリットは、色々と考えられます。まず自分自身に対してではなく、子供への影響が大きくあります。例えば、子供への虐待、子供が環境の変化によって荒れてしまう、養子縁組の有無といった子連れ再婚の問題があります。

 

それと、別れた夫と子供と連絡させるのか、定期的に会わせるのかといったような、親との縁もありますので、十分にここら辺の問題をクリアにしてから、子連れ再婚した方がスムーズに行きます。また、子供中心ばかりの生活ではなく夫との関係もしっかりする等の自分自身と夫の関係もあります。

 

その他にも世間帯や夫側の両親との関係、将来の事を考えたら財産分与の問題も浮上してきますので、一筋縄にはいきません。特に、子連れの人の再婚は、夫側の両親や家族から反対される事もありますし、通常の結婚よりも労力が必要となってきます。

 

このようにトラブルが起こる可能性やデメリットも多くありますので、後で問題にならないように、しっかり話し合って解決していかなければならないでしょう。

子連れ再婚問題はタイミングが重要

子連れ再婚の時に問題になる事が多いのは、再婚のタイミングではないのでしょうか。このタイミングの問題は、自分自身の反省と子供の成長や時期といった二つがありますので、いずれも解決してから子連れ再婚しないと失敗してしまう危険性があります。

 

まず自分自身が前回の結婚で、何故失敗したのか、どこがいけなかったのかを考えておかないと、また同じ事を繰り返すかもしれません。それを反省した上で再婚する形にした方が確実に良い生活を送れるようになるでしょう。

 

一方の子供の成長や時期の問題ですが、幼い子供はこれから性格や人格が形成されていく時期になってきますし、新しい夫を受け入れられない場合もあります。

 

ここで焦って子連れ再婚してしまうと、子供への影響や環境の変化で戸惑ってしまい、これからの長い人生に大きな影響を与えてしまうので、ゆっくりと時間を掛けて、馴染ませてあげる必要があります。

 

このような点に気を付けなければ、大きな失敗に繋がりますので、すぐに決断するのではなく、タイミングを考えて慎重に行動してみて下さい。


トップへ戻る