子供が思春期の時の子連れ再婚は失敗が多い

子連れ再婚の失敗に多い子供中心の生活

子連れ再婚の失敗に多い子供中心の生活

子連れ再婚の失敗

 

子連れ再婚の失敗で多いのは、子供に構い過ぎてしまっている事があります。再婚する自分自身は、子供の母親でもあるのですが、同時に相手の妻でもあるのです。

 

この事を疎かにして、子供の相手ばかりをしていると、夫である男性から考えると何のために結婚したのかと思われてしまうでしょう。子連れ再婚した母親は、どうしても子供中心の生活になってしまいます。子供を疎かにする事はできませんが、バランスが取れた生活をしないと失敗してしまうかもしれません。

 

男性の中には、子育てを頑張っている姿を見るのが好きという方もいますけど、完全に夫を疎かにするのはいけません。子供のために子連れ再婚をしたという人も実際にいますし、いくら子供のためであっても、夫の事も考えないと、いずれ失敗してしまうでしょう。

 

コミュニケーションを十分に取って、結婚生活が失敗しないようにして下さい。子供中心の生活でも活き活きとした姿勢は、夫にも伝わり、幸せな子連れ再婚にきっとなるはずです。

子供が思春期の時の子連れ再婚は失敗が多い

子連れ再婚で失敗するパターンで多いのは、子供と話し合わずに再婚してしまった時です。子供も大事な家族になる訳ですから、その事も考えずに先走ってしまう時は、子連れ再婚で上手く行きません。

 

子連れ再婚でも子供が幼かったり、大人だったりする時は、そこまで考えないで良いのかもしれませんが、反抗期や思春期だと失敗になる事が多いです。反抗期だと親とぶつかる事が多いですし、思春期の悩んでいる時期に家庭環境が変化すると、子供の成長に良くありません。ですから、こういった小学生から中学生の時期に、子連れ再婚するのは望ましくなく、失敗してしまう確率が高いのです。

 

上手く行ってるように見えても、子供の心の中では、色々と考えている多感な時なので、深く話し合う必要があります。なかなか受け入れられないかもしれませんが、隠さずに話し合う事が大事です。親としての信用や信頼問題にもなってきますので、失敗しないためには、子供に理解してもらう事が重要でしょう。


トップへ戻る