バツイチ子持ち男性は密かに人気!

バツイチ子持ち男性の再婚で大切なこと

 

バツイチ子持ち男性の再婚は、一般的には簡単なものではないと言われています。でも婚活市場では、実はけっこう人気が高いのはご存知でしょうか。

 

ある程度の年齢になっても結婚していない男性というのは、女性慣れしていないか一癖も二癖もあるのではないか、と考える女性も多く、逆を言えばバツイチ男性は、たとえ離婚したとは言え一度は女性と恋愛をして、結婚相手として選ばれた人。

 

「安心して結婚できる男性」と捉える女性も多いのです。さらに子持ち男性の場合、結婚はしたいけれど子供は望んでいない女性や子供を生む事ができない女性には、妊娠のプレッシャーのないパートナーとして好意的にみられることも。

 

特にバツイチ女性にはバツイチ子持ち男性は人気があるようですよ。言い方は悪くなりますが、仮に女性側に子供がいないバツイチ同士の再婚の場合、男性よりも「優位」ということになります。

 

男性側の家族からすると、「よくぞ一緒になってくれた。ありがとう!」となり、嫁姑問題とは無縁になることが多いからです。養育費などきちんと身辺整理をして相手にも理解してもられえば、バツイチ子持ち男性の再婚はそんなに難しいものではないのかもしれませんね。

バツイチ子持ち男性の再婚で大切なこと

バツイチ子持ち男性が再婚を考える時、何よりも大切にすべきなのは子供の気持ちです。男性の場合、親権を元妻に譲り子供と一緒に生活していない場合が多いので、会う頻度が少ない方も多いでしょう。それでも親の「性的」な一面を見せることは、子供が傷つくことにもなりかねません。

 

子持ちでバツイチの男性は、子供と会う頻度に関わらず、慎重に恋愛から再婚までのステップを踏んで行く必要があるでしょう。決して傷つけるものではなく、子供も幸せにしてあげられる再婚をすることが理想です。

 

再婚相手の女性にも、理解を求めるのは当然のこと。子供との関係はもちろん、養育費などの現実的問題、将来への展望など、再婚相手にも伝えておくべきことはたくさんありますし、その上で納得してもらわないといけません。

 

バツイチ子持ち男性の再婚は決して簡単なものではありませんが、子供を悲しませることなくきちんと筋道を立ててステップを踏み、幸せになっている子持ちのバツイチ男性は大勢います。みんながハッピーになれる再婚を目指したいものですね。


トップへ戻る