再婚したい人の心構えとは

再婚したい人の心構えとは

 

離婚経験者が再婚したいと考えるとき、いくつかの心構えがあります。まずは再婚相手への条件を、変に高くしたり狭めたりしないこと。一度結婚生活を送ったことのある離婚経験者だからこそ、どのような人と再婚したい、という具体的な思いはあることでしょう。

 

しかし、初婚でも当てはまることですが、条件を厳しくすればするほど、当然のように相手が現れるのは難しくなってきます。バツイチであればなおさらのこと。なるべく広い視野で相手を探そうとすることが大事です。

 

また、変に離婚歴があることを負い目に感じないことも肝心です。今の時代、バツイチは珍しいものでもなく、再婚する人も大勢います。離婚歴を負い目に感じすぎて焦って婚活をしても、しっかりと相手を見極められず、よい結果につながることは難しいでしょう。

 

再婚したいと思ったら即行動することは大事ですが、自分の結婚生活を振り返り、何が自分に足りなかったのか、そしてどんな条件を再婚相手に対して譲れないのか、整理して動くことが、再婚したい人が幸せになる一番の近道と言えそうです。

現在の再婚活の実情とは

現在の再婚活

 

「再婚活」という言葉をご存じでしょうか。熟年離婚、スピード離婚は後を絶たず、今や3組に1組の夫婦が離婚すると言われている夫婦事情。

 

一度失敗したからと行って、残りの人生を孤独に過ごしたくない!もう一度家庭を築きたい!と再婚したいと思う人は男女ともたくさんいます。

 

今、この「再婚したい」のニーズに答えるウエディング関連の動向が密かに活発化しています。とある会社によれば「離婚歴OK」を看板に掲げた婚活パーティは、2010年から開催スタート。

 

年々その開催頻度は増え、今や一年間の開催回数は5倍にまで跳ね上がっているそうです。再婚したいと結婚相談所に登録する人も年々増加しており、入会者全体のうち離死別経験者は全体の12%近く。(この比率は五年前はより2%も上。)

 

熟年離婚や死別で独身に戻ってしまった高齢の再婚希望者も増加傾向で、50代以上の再婚活も非常に盛んになっています。また、再婚者向けの挙式に注目し、子連れ再婚、年の差婚向けのオリジナルプランを展開するウエディング企業も登場。「再婚したい」人に、ますます希望ある世の中になりつつあるようですね。

 


トップへ戻る