死別して人生を考えた時に再婚した方が良い

死別からの再婚

 

元夫と死別してしまい、再婚を考えている人の理由は、色々あります。これからの将来一人で生きていくのが寂しい、また恋愛をしてみたいといった事もあります。
その中でも多いのが、子供がいる家庭だと、子供の父親になって欲しい、母子家庭にしたくないという場合です。

 

また、死別した元夫の遺族年金や保険によるお金があれば、生活していけますが、子供を育てながら働いていくのは、とても大変な事になります。そういった事もあって再婚を考える人や前向きに生きていくために再婚をしようと考える人もいます。

 

いつまでも悲しんでいては、生活に張りがでませんし、人生も長く続いていく訳ですから、再び恋愛する事も悪い事ではありません。死別した夫を裏切るような形になると思い込んでる人もいますが、遺された家族が幸せになる方が、きっと喜んでくれるのではないのでしょうか。

 

人間は金銭的な事情だけではなく、精神的にも体力的にも一人で生きていくのは辛いものがありますよ。

死別して再婚した場合の元夫の家の関係

死別してから再婚する場合は、戸籍の手続き等色々あります。まず遺された妻は、死別した夫の戸籍に入っていて、子供がいる場合もそうです。

 

再婚した場合は、除籍をして新しい夫の戸籍に入るのか、新しい戸籍を作るかどうかになります。しかし、これだけだと子供がいる場合は、死別した夫の苗字になっており、再婚する時の入籍届や養子縁組で現在の苗字にしてあげないといけません。

 

また、死別した夫の法事、お盆やお彼岸、お墓参りといった事もありまして、再婚したからといって全て無視する訳にはいきません。当然上記のような用事を行なう過程で、家族との付き合いもありますし、子供がいれば、孫という事になり、血の繋がりや相続権等がありますから、死別したからといって完全に関係が切れる訳ではないのです。

 

このような事も考えて、再婚する必要があり、前の夫と比べる所もあると思いますので、細かい所も理解してくれる人と結婚しなくてはならないでしょう。戸籍の手続き等は難しくはなく、どうしても付き合いが嫌なら姻族関係終了届けの提出も考えていた方が良いでしょう。


トップへ戻る