死別してからの再婚率は年々増えている

死別後の再婚

 

現在の再婚率は、結婚する人の3割弱は一度結婚を経験している事が多く、高くなっています。しかし、死別してからの再婚率はそれほど高くありませんが、昔ほど低くはありません。

 

気持ちの整理が付くまで時間を要しますが、これから再出発したいと考えている方もいます。再婚するのに躊躇してしまう事がありますが、心の支えというものは大事で、長い人生を考えた時に必要になってきます。

 

死別して自分がスッキリしたといっても、新しい家族になる夫にも配慮が必要になってきます。死別してからの再婚率が上がる一方で、夫婦間のデリケートな問題も増えてきまして、理解を持った人や自分の考えを改めた結婚生活をしないといけません。

 

死別してからの再婚は、自分の気持ちだけではなく、相手側も負担になる事が多いので、少しずつ解決していかなければなりません。愛する人を亡くなったからといって、二度と人を好きになったらいけない、孤独のままで過ごさなければならない事はありません。自分の気持ちを押し殺すのではなく、正直になる人も増え、再婚率も上がっているのでしょう。

死別してからの再婚率はとても低い

最愛の夫と死別してからの再婚率ですが、それほど高くありません。これは、女性側から見た数字だけではなく、男性側から見ても死別してからの再婚率は高くはないのです。

 

どっちから見ても死別してからの再婚率は、10%未満であり、再婚に踏み切る人は少ないです。特に女性側の再婚率は、数%程しかなく、残りの生涯を一人で過ごす人が多いのです。

 

さまざまな事情や心情的な問題、死別した時の年齢もありますので、この数字が低すぎるのかどうかといった問題はあります。死別といっても若くして亡くなるだけではなく、女性の方が平均寿命が長いですから、このような数字になるとも考えられます。ですが、最愛の夫を亡くされてから再婚するのは辛く、気持ちを切り替えられない方もいるのも事実です。

 

なかなか再婚に踏み出せないのは、それだけ以前の生活が素晴らしく、記憶が鮮明に残っているからでしょう。また、夫への裏切り行為だと思ってしまう方も少なくありません。

 


トップへ戻る