バツイチの子持ちでも恋愛はしても良い

バツイチで子持ちの恋愛は臆病になりがち

バツイチで子持ちの恋愛は臆病になりがち

バツイチで子持ちの恋愛は臆病になりがち

 

バツイチで子持ちの方が恋愛する時に感じるのは、自分には子供がいるという負い目の気持ちです。ですが、恋愛に関しては、一人の女性ですから、あまりそういった事を深く考えずに、デートをした方が良いでしょう。

 

バツイチという事は、離婚を経験しているという事で、恋愛自体に臆病になっているかもしれません。それに子持ちという事で、恋をしても良いのかという気持ち、子供を優先しないといけない気持ちもあって、なかなか恋に踏み切れない事が多いです。

 

しかし、バツイチで子持ちの方でも再婚されている方は、とても多く、相手に理解して貰いながらの恋愛は、ハードルが高いですが、乗り越えられないものではありません。母親でありながら女性でもあるので、自身の心を豊かにして、落ち着かせるためにも、必要な事になるでしょう。

 

不安に思う事がたくさんあると思いますが、現実的にバツイチで子持ちの方でも恋愛している方は、たくさんいますので、前向きに考えるのが一番です。

バツイチの子持ちでも恋愛はしても良い

バツイチで子持ちの方が恋愛するには、少し大変な時があります。子供がある程度大きくなっていたら、手が掛からないのですが、そうでない時は難しくなります。

 

せっかくデートできる機会があるのに、子供の用事のためにできなくて、バツイチの子持ちだと通常の恋愛もしにくくなります。ですから、保育園に預けている時間や親に子供を預かってもらう時にデート等をしなければなりません。

 

それに、子供を放置していて、自分は恋愛をしていても良いのかといった葛藤もあるはずで、気持ちの整理も大事です。

 

ひどい時は、自分の事を母親失格と思うバツイチの子持ちの方もいますが、シングルマザーだからといって、恋愛をしたらいけないとは決まっていません。

 

子供の将来と同じように、自分の気持ちも大切ですので、子供の面倒がきちんと見れているのなら、恋愛を楽しんでも良いでしょう。時には、自分に甘く、息を抜いた時間もないと、長い生活が疲れたものになってしまいますよ。


トップへ戻る