戸籍からバツニの経歴を隠す方法は?

バツニの子供の戸籍はどうなる?

バツニの子供の戸籍はどうなる?

バツニの子供の戸籍はどうなる?

 

バツニの方は既に二度結婚しているので、子供がいる確率は高くなります。バツニで子供がいるとなると、戸籍の移動がややこしくなります。

 

今回はそのあたりを解説してきます。まず具体例として、バツニの女性がいるとします。この女性は最初の結婚で一人、二回目の結婚でも一人子供を生んだとします。そして、現在子供の親権はこの女性の下にあるとします。

 

この状況で女性が再婚したとして、子供達の戸籍はどうなるでしょう?現在、二人の子供は母親の戸籍に入っていると仮定するので、子供と母親の名字は同じです。しかし、再婚によって母親は再婚相手と夫婦二人だけの戸籍に入ります。

 

子供は母親がいた戸籍に残ります。この状況では子供達と母親の名字は異なる訳です。子供と母親の名字を同じにする方法は主に二つあります。一つ目は再婚相手と子供達の間で養子縁組をするという方法です。

 

もう一つは家庭裁判所で子の氏の変更許可を受け、子供を同じ戸籍に入れる方法です。どちらにせよ何らかの手続きを経ない限り、子供達と母親で名字が異なるという状況になります。

戸籍からバツニの経歴を隠す方法は?

バツイチの人は多いですし、世間の目もそれほど厳しくありません。しかし、バツニともなると数も少ないですし、世間の目も厳しくなります。

 

なんとかバツニの経歴を隠したい、そう思ったことはないでしょうか?ただ、戸籍謄本を見れば離婚経歴は一目瞭然です。実は戸籍から離婚経歴を隠す方法があるんです。

 

少し面倒ですが、紹介しますね。夫婦は婚姻時、同じ戸籍に入っていますが離婚によって、配偶者のどちらかが除籍されます。一般的には夫が筆頭者となるので、妻が除籍されます。

 

除籍されると基本的に親の戸籍に戻ります(復籍)。その後、自分が筆頭者となる戸籍を新たに作ると離婚の経歴は引継がれないのです。夫は既に自分が筆頭者なので新たに作る事はできません。なので一度復籍してから、新たに作れば離婚の経歴は引継がれません。

 

こうやってコセキを移動させればバツニの経歴を隠す事が出来ます。しかし離婚という事実を消せるわけではありませんので、コセキを遡れば離婚経歴は分かります。ただ、そこまで深く調べる人も少ないと思います。


トップへ戻る